2024年に注目される最新のファッショントレンドを予測し、そのスタイリングのヒントを提供します。

スーパーコピー ロレックスのオーバーホールは保証書なしでも可能?

ロレックスの腕時計を愛用している方は多いと思いますが、オーバーホールを検討している方はいらっしゃいますか?

通常、オーバーホールには保証書が必要とされていますが、保証書を紛失したり、購入時にそもそもついていなかった場合、オーバーホールできないのではないかと心配される方もいらっしゃるでしょう。

そこで、保証書なしでロレックスのオーバーホールが可能かどうかについてご説明します。

保証書なしでもオーバーホールは可能

結論から言うと、保証書なしでもロレックスのオーバーホールは可能です。


ロレックスは、世界中に正規サービスセンターを有しており、保証書がなくてもオーバーホールを受け付けてくれます。ただし、保証書がない場合、オーバーホールにかかる費用が保証書ありの場合より高くなる可能性があります。

オーバーホールにかかる費用

オーバーホールにかかる費用は、モデルや状態によって異なりますが、一般的に保証書なしの場合、保証書ありの場合の約1.5〜2倍程度かかるとされています。

また、保証書がない場合、オーバーホールの内容が保証書ありの場合と異なる場合があります。保証書ありの場合、ロレックスでは「完全オーバーホール」と呼ばれる、時計のすべての部品を分解・洗浄・交換する作業が行われますが、保証書なしの場合、「部分オーバーホール」と呼ばれる、必要な部品のみを交換する作業が行われる可能性があります。

オーバーホールを依頼する手順

保証書なしでオーバーホールを依頼する手順は、以下の通りです。

1. 正規サービスセンターを探す:ロレックスの公式サイトから最寄りの正規サービスセンターを検索します。
2. 時計を送付する:時計を正規サービスセンターに送付します。このとき、保証書がない旨を必ず明記します。
3. 見積書の確認:正規サービスセンターから見積書が届きますので、内容を確認します。
4. オーバーホールの依頼:見積書に同意すれば、オーバーホールが開始されます。

おすすめの正規サービスセンター

東京でオーバーホールを依頼するなら、大丸東京ロレックス予約がおすすめです。

大丸東京ロレックス予約は、ロレックスの正規サービスセンターであり、熟練の時計技師がオーバーホールを行います。また、保証書なしでもオーバーホールを受け付けており、時計の状態に応じた適切なオーバーホール内容を提案してくれます。

まとめ

保証書なしでもロレックスのオーバーホールは可能です。ただし、費用が高くなる可能性や、オーバーホールの内容が保証書ありの場合と異なる場合があることに注意が必要です。オーバーホールを依頼する際は、正規サービスセンターに相談することをおすすめします。

アクセサリー選びで個性を最大限に
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
タグ